中部の主要10信金、国債残高6%減 前期決算集計

2017/6/28 7:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部3県(愛知、岐阜、三重)に本店を置く主要10信用金庫(預金残高8000億円以上)の2017年3月期決算は8信金の純利益が前の期を下回った。いずれも減少率は2桁だった。資金利益は10信金とも減少しており、日銀のマイナス金利政策による貸出金利の低迷の影響が色濃く出ている。運用面では国債利回り低下を受け、一定のリスクをとって社債や株式を増やす動きが目立つ。

本業のもうけを示す実質業務純益は8信金が…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]