2019年1月24日(木)

名古屋城天守閣の入場制限、実施時期見えず

2016/10/25 1:51
保存
共有
印刷
その他

名古屋城天守閣の安全対策を巡って、名古屋市の河村たかし市長は24日の定例記者会見で耐震性の低さなどを理由に「入場禁止などの手立てを打たないとならない」と述べた。改めて早期に入場制限を実施する姿勢を示した発言だが、時期は明示しなかった。この日の市議会経済水道委員会で、市の担当部局は入場制限の判断にはさらなる調査が必要とも答弁しており、実施時期などはなお見通せない状況だ。

経済水道委に市観光文化交流局が提出した資料によると、木造復元の設計・施工事業者の提案を評価した検討会の有識者6人からは、聞き取り調査などを通じ「やむを得ず天守閣への入場禁止をすることが賢明な対応と考えられる」との統一意見が出たとした。

一方、耐震診断などの判定を行う別の第三者機関の有識者2人の意見として「(天守閣の)最上階がつぶれる可能性が高いとまではいえない」「今のままでは入場禁止すべきだと考える」と両論を併記したうえで「鉄骨ブレース」という補強材による対策が提案されていることも明らかにした。

交流局の担当者は早期に安全対策が必要なことを認めつつ、「鉄骨ブレース」の有効性などについて調査などが必要として、現時点で入場制限を判断できないとした。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報