/

愛知と名古屋で26年アジア大会 国内32年ぶり

アジア大会の開催が決まり、喜ぶ愛知県と名古屋市の幹部ら(25日、愛知県庁)

2026年の第20回夏季アジア競技大会の開催都市が25日、愛知県と名古屋市に決まった。ベトナム・ダナンで同日開いたアジア・オリンピック評議会(OCA)総会で、共同招致を目指す愛知県と名古屋市のほかには立候補がなく、拍手で承認された。

夏季アジア大会の国内開催は1958年(第3回)東京大会、94年(第12回)広島大会に続く3回目で、32年ぶりとなる。

OCAに加盟する45の国と地域が参加する。愛知県と名古屋市の開催構想によると、大会期間は26年9月18日~10月3日。瑞穂競技場(名古屋市)をメーン会場に36競技を実施する見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン