/

名古屋城天守閣、木造での復元決まる 事業費500億円

現在の名古屋城

名古屋城天守閣の木造復元の関連予算案が、23日の名古屋市議会本会議で可決された。戦後にコンクリートで再建された天守閣の木造復元は全国初。総事業費は約500億円を見込んでおり、2022年12月の完成を目指す。

天守閣一帯は今年11月にも、入場禁止となる見通し。現在の天守閣は19年9月に解体を始め、20年6月に復元工事に着手する計画だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン