「アユ(天然遡上)」に変更 岐阜市の準絶滅危惧で

2015/7/24付
保存
共有
印刷
その他

岐阜市は23日、市版レッドリストの準絶滅危惧に選定した「アユ(天然)」の表記を、「アユ(天然遡上)」に変更したと発表した。市は「リストの対象は、海の方から河川を遡上してくるアユであることを明確に示す」と説明している。

川で捕れるアユは、海から自力で遡上したアユも、人の手で放流したアユも、市場では「天然」として扱われている。

市が4月、準絶滅危惧に選定。漁協などに「とったり、食べたりしてはいけないのか」などの問い合わせがあったという。漁業関係者らは風評被害を訴え、市にリストから外すなどの対応を求めていた。

市自然共生部の担当者は「野生のアユは減っている。説明不足で誤解を招いた。野生生物を保護するリストの趣旨を理解してほしい」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]