春日井強殺、殺意を否認 名古屋地裁初公判で被告

2017/1/23 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県春日井市のラーメン店で2015年、従業員2人が死傷し、売上金が奪われた強盗殺人事件で、強盗殺人や強盗殺人未遂の罪に問われた同店の元従業員で無職、宮地良多被告(29)の裁判員裁判の初公判が23日、名古屋地裁(奥山豪裁判長)で開かれた。同被告は「殺意について、認めてはいません」と述べ、殺意を否認した。

同被告が従業員2人を殴って死傷させ、現金などを奪ったことについては争いがなく、公判では殺意の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]