/

この記事は会員限定です

白斑巡る訴訟、14人と和解 カネボウ、名古屋地裁で

[有料会員限定]

カネボウ化粧品(東京)の美白化粧品を使って肌がまだらに白くなる白斑症状が出たとして、愛知県と岐阜県の女性14人が同社に計約1億9千万円の損害賠償を求めた訴訟は22日、名古屋地裁で和解が成立した。原告側弁護団が明らかにした。和解金額などは公表していない。

訴状などによると14人は30~70代で、メラニン生成を抑える美白成分「ロドデノール」が配合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン