トヨタ車体工場火災、原因はダクトのひび 生産あすにも一部再開

2017/3/23 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ車体のいなべ工場(三重県いなべ市)で20日に発生した火災の原因が、高温の空気を流すダクトに入ったひびだったことが分かった。同県桑名市消防本部などが22日まで実施した実況見分で明らかになった。生産は24日にも一部再開する見通しだが、老朽化が進む工場の検査や保守のあり方が課題として浮上している。

火災では塗装した車体を乾かす乾燥炉の一部が焼損した。22日には被害を受けた設備の一部を分解して詳し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]