/

この記事は会員限定です

マキタ、職人の相棒、園芸も攻勢(ナゴヤが生んだ名企業)

[有料会員限定]

「1日でも早く直してよ」。名古屋市内の金物店に今月中旬、壊れた電動工具を大工が気ぜわしげに持ち込んだ。建設現場では人手不足が深刻で、愛用する工具が壊れれば工事の進捗も遅れかねない。マキタのサービス担当者は「早ければ明日にでも直せますよ」と金物店の店員から故障品を受け取った。

独ボッシュ、米ブラック・アンド・デッカーと並ぶ工具世界大手に成長したマキタの強さは、ドリルなどの工具を酷使する職人が寄せる信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4009文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン