災害対策「空の目」生かせ ドローン部隊、中部に続々 産廃投棄監視も

2017/5/2 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の自治体で小型無人機(ドローン)の配備が本格化してきた。地震などの災害に備えて「航空隊」を結成する市が相次ぎ、産業廃棄物の不法投棄の監視に生かそうとする動きもある。立ち入りにくい地域に速やかに接近し、人に代わって状況を把握できるドローン。その機動力と"目"に期待を寄せる。

愛知県豊川市は4月10日、「防災ドローン航空隊」を発足させた。広報担当や消防本部など計17人が隊員で、ドローン2機を購入…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]