中部電小売り部門責任者「ガス、競争力ある価格に」

2016/10/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部電力は来年4月のガス販売の全面自由化で、東邦ガスの全契約の1割弱に当たる20万件を5年間で獲得する目標を打ち出した。小売部門を統括する清水成信取締役(販売カンパニー社長)は日本経済新聞の取材に対し「競争力のあるガス価格にする」と話した。ただ保安サービスなどではガスは電気と異なるノウハウも求められる。他社との連携など新たな施策が課題になりそうだ。

清水氏はシェアを奪うために価格勝負を挑む姿勢を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]