/

レゴランド100万人突破 開業半年控え 割引導入で巻き返す

4月に開業したテーマパーク「レゴランド・ジャパン」(名古屋市)の運営会社は19日、開業から半年を前に、入場者数が18日に延べ100万人を超えたと発表した。年間目標は200万人を掲げている。8月、運営会社のトーベン・イェンセン社長が「9月中に100万人を突破する」との見通しを示していた。

4月の開業当初は入場料金の割高感が指摘され、集客が伸びず苦戦したが、夏休み期間に年間パスポート所有者は2人まで無料で一緒に入園できる割引サービスを導入するなど、価格戦略の見直しで家族連れを呼び込み、巻き返した。

玩具のレゴブロックは世界的なブランドがあり、勢いを増す訪日外国人の来場を取り込めた点も奏功した。下期も「順調に集客できると考えている」(運営会社)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン