中部電、AR活用の保守支援技術など公開

2016/10/20 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部電力は19日、研究開発の成果を公開する展示会「テクノフェア2016」の開催に先立ち、展示内容を報道陣に公開した。AR(拡張現実)を活用した設備保守支援技術や全地球測位システム(GPS)による津波の予測などの現時点での研究成果を公表した。展示会は20日から、同社の技術開発本部(名古屋市緑区)で開く。

ARによる保守支援技術では、日立製作所と協力し、設備に読み込みコードなどを付与しない「マーカレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]