/

この記事は会員限定です

中部電、AR活用の保守支援技術など公開

[有料会員限定]

中部電力は19日、研究開発の成果を公開する展示会「テクノフェア2016」の開催に先立ち、展示内容を報道陣に公開した。AR(拡張現実)を活用した設備保守支援技術や全地球測位システム(GPS)による津波の予測などの現時点での研究成果を公表した。展示会は20日から、同社の技術開発本部(名古屋市緑区)で開く。

ARによる保守支援技術では、日立製作所と協力し、設備に読み込みコードなどを付与しない「マーカレスAR」と呼ばれる新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン