2019年5月24日(金)

DMG森精機、IoT関連ベンチャー育成ファンドに出資

2017/7/19 21:22
保存
共有
印刷
その他

工作機械大手のDMG森精機は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連のベンチャー製造業向け育成ファンドに出資する。ベンチャー創業支援のダルマテックラボ(京都市)が設立したファンドで、すでに京都銀行が5億円を出資している。切削加工のノウハウなど技術面でも支援し、ものづくり産業の活性化を後押しする。

ダルマテックラボが19日に発表した。事業会社からの出資は初めて。第1号案件として、ロボット技術を使ったスポーツトレーニングを手掛ける米企業に投資することも決めた。

DMG森精機からの出資額や、米社への投資額は公表していない。DMG森精機は「切削や金属積層造形など、培った技術をベンチャー育成に役立てたい」としている。

同ファンドは7月設立。10年間で40~50社への出資を計画し、今年中に20億円の資金調達を目指す。京都の中小企業でつくる「京都試作ネット」とも連携し、試作品製造なども支援する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報