/

この記事は会員限定です

トヨタ、社債で1000億円調達へ 設備投資などに充当

[有料会員限定]

トヨタ自動車が合計1000億円程度の普通社債を発行する方向で検討していることが分かった。償還までの期間が20年の社債などを発行する見通し。調達する資金は設備投資や運転資金などに充てる方針だ。超低金利の環境を生かして長期資金を確保、競争力強化に向けた投資に振り向ける。

月内に発行する方向で調整している。機関投資家の需要を調査しており、20年債や10年債などの起債が有力。20年債と10年債の起債はそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン