愛知県警の警官自殺訴訟が和解 県、パワハラ認め150万円支払い

2017/7/19 4:00
保存
共有
印刷
その他

2010年に愛知県警中署の男性巡査(当時24)が拳銃で自殺したのは上司によるパワーハラスメントが原因だったとして、両親が県に約5800万円の損害賠償を求めた訴訟は18日、名古屋地裁で和解が成立した。県が上司による「不適切な行為」があったことを認め、解決金150万円を支払うなどとした。

県側は当初、パワハラを否定していたが、和解条項では「侮辱的な言葉での叱責や執拗、威圧的な退職勧奨など不適切な行為があった」と認めた。自殺との因果関係を認める内容は盛り込まれなかった。

訴状によると、男性は10年4月に採用され、中署管内の交番に配属。当時の上司から「死んでしまえ」と暴言を浴びせられたほか、退職願を書かされるなどした。同11月、署内のトイレで拳銃を使って自殺した。

県警の元警察官でもある男性の父親(62)は和解後に記者会見し、「不適切な行為があったという真実がやっと認められた。これを機に(県警が)風通しのよい職場になってほしい」と話した。

県警の富田敏弘監察官室長は「訴訟で主張してきた内容が踏まえられたので、和解に応じるのが適当と判断した」とのコメントを出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]