/

この記事は会員限定です

「脱・迷駅」へ官民走る リニアにあわせ大改造(よくわかる名駅開発)

[有料会員限定]

東海旅客鉄道(JR東海)だけで1日約40万人が利用する名古屋駅。「名駅」の略称で親しまれるが、通路は複雑で、市営地下鉄や名古屋鉄道、近畿日本鉄道などへの乗り換えが分かりにくい。2027年のリニア中央新幹線開業に合わせた「迷駅」脱却へ、官民挙げて大改造の検討が進む。

カギは「ターミナルスクエア(TS)」構想。エレベーターやエスカレーターでの上下移動だけで、各鉄道の改札に行けるようにする空間だ。

現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません