2018年7月17日(火)

宇宙船外用のロボハンド、岐阜のVBなど開発

2017/8/16 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 機器開発ベンチャーのアイ・ティー・ケー(岐阜県羽島市)はIHIの傘下でロケット開発を手掛けるIHIエアロスペース(東京・江東)と組み、ロボットハンドを開発した。指や腕の動きを読み取るセンサーを使い、人間と同じ動きをロボットハンドが再現する。別の場所から人の指や腕と同じ動作ができるため、宇宙船の船外作業での活用を目指す。

 「宇宙船の船内で使いやすいように、片手で動かせる仕組みにした」。医療機器など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報