2018年10月23日(火)

窯業原料会社に廃棄物撤去を命令 中央道土砂崩れで岐阜県

2017/9/16 0:26
保存
共有
印刷
その他

岐阜県は15日、同県瑞浪市の中央自動車道の土砂崩れで、崩落した山肌付近に不要となった窯業原料を投棄していた同市の窯業原料製造会社「丸釜釜戸陶料」に対し、現場に残る全ての廃棄物を12月23日までに撤去するよう廃棄物処理法に基づき命令した。

県によると、大量に吸い込むと発がんリスクのあるシリカパウダーなどの産業廃棄物や土砂が推定で計4175立方メートル残っているという。同社の水野辰英会長は県に「迅速に撤去します」と話しているという。

県は15日、シリカパウダーを扱う県内34の窯業原料製造工場への立ち入り検査結果を発表。丸釜釜戸陶料以外では、危険な保管状態はなかったという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報