/

恐竜探検テーマ、名古屋の大高緑地に施設 民間運営で来夏開業

愛知県は15日、名古屋市緑区の大高緑地に民間企業が運営するテーマパーク「ディノアドベンチャーライド名古屋」を建設すると発表した。樹林地に動く恐竜の実物大模型を30体程度設置し、カートに乗りながら探検気分を楽しめるアトラクションで、2016年7月にオープンする。

岐阜県郡上市でレジャー施設を運営する「エヌエーオー」が手掛ける。民間事業者が県営都市公園内にこうした施設を設置するのは県として初の試みという。カートに乗る周遊コースは大人1300円、中学生以下900円、遊歩道で恐竜を見るコースは大人300円、中学生以下200円。年10万人の来場者を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン