/

この記事は会員限定です

ヤマザキマザックが工場見学にAR導入

[有料会員限定]

工作機械大手のヤマザキマザックは、本社工場である大口製作所(愛知県大口町)の運営にAR(拡張現実)を活用する。まず工場の見学者が着用できる眼鏡型のウエアラブル端末「スマートグラス」を導入し、多品種少量生産の仕組みを分かりやすく説明する。将来的には生産管理に役立てることも検討する。

大口製作所には取引先や就職を考える学生など年間約1500人が見学に訪れる。機械や自動システムの説明など見学者の関心に応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン