/

野菜を1円で販売 愛知のスーパー2社警告へ 公取委

愛知県犬山市のスーパー2店が野菜を極端に安売りしたのは、市場の健全な競争を妨げ、独禁法違反(不公正な取引方法)に当たる恐れがあるとして、公正取引委員会が2店を運営するカネスエ商事(同県日進市)とワイストア(同県津島市)に警告する方針を固めたことが13日分かった。

関係者によると、2店は犬山市内で競合。5月中旬、互いにキャベツや大根などの野菜を1円で販売していたという。

公取委は既に警告の内容を2社に通知。それぞれの言い分を聞いた上で正式に決める。取材に対し、カネスエ商事は「コメントできない」、ワイストアは「事実確認していない」としている。

商品を継続して原価割れで販売しており、公取委は、他社の事業活動を困難にする恐れがあるとして規制される「不当廉売」に当たる疑いがあると判断したとみられる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン