2019年4月19日(金)

徘徊高齢者発見、愛知・大府市で実験 名工大などと

2016/10/14 1:54
保存
共有
印刷
その他

愛知県大府市や名古屋工業大学などは14日から、認知症で徘徊(はいかい)する高齢者を見つけるシステムの実証実験を始める。同市内の一部地区の公共施設や商店など16カ所に固定型受信機を設置。住民10人に外出時にセンサーを持ってもらい、受信機の近くを通ると名工大が管理するサーバーに位置情報が送られる仕組み。

実験は来年2月末までの予定。システムの有用性を検証する。システム開発に向けた実証実験は2014年度から始めているが、固定型受信機を使うのは今回が初めて。認知症で徘徊する高齢者を発見するのは難しいことから、大府市は地域として高齢者を見守るモデルになると期待している。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報