トヨタ社長、次期米副大統領と会談

2017/1/12 9:39
保存
共有
印刷
その他

米国を訪れているトヨタ自動車の豊田章男社長が次期米副大統領に就任するペンス氏と、10日(現地時間)に会談したことが分かった。トヨタの生産工場があるインディアナ州の知事を務めており、自動車産業への理解が深い。雇用や投資などでの米国経済への貢献について話し合ったとみられる。

豊田社長は9日にデトロイトの北米国際自動車ショーで、新型車の発表とともに米国で持続的な投資を続け、今後5年間の総額は計100億ドル(約1兆1500億円)になる見通しを表明していた。

10日にペンス氏の副大統領就任の表敬訪問で会い、トヨタの米国事業や自動車の経済効果に詳しい次期米政権の要人を通じて、米国で貢献していく考えを示したもようだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]