/

トヨタ社長、次期米副大統領と会談

米国を訪れているトヨタ自動車の豊田章男社長が次期米副大統領に就任するペンス氏と、10日(現地時間)に会談したことが分かった。トヨタの生産工場があるインディアナ州の知事を務めており、自動車産業への理解が深い。雇用や投資などでの米国経済への貢献について話し合ったとみられる。

豊田社長は9日にデトロイトの北米国際自動車ショーで、新型車の発表とともに米国で持続的な投資を続け、今後5年間の総額は計100億ドル(約1兆1500億円)になる見通しを表明していた。

10日にペンス氏の副大統領就任の表敬訪問で会い、トヨタの米国事業や自動車の経済効果に詳しい次期米政権の要人を通じて、米国で貢献していく考えを示したもようだ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン