議員報酬や多選制限どうする? 議会改革も論戦テーマ 名古屋市長選

2017/4/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

23日投開票の名古屋市長選では、議員報酬などの議会改革も争点の一つだ。3期目を目指す現職の河村たかし氏(68)は市議報酬は「年800万円を軸に市民並みに」と公約に盛り込んだ。前副市長の岩城正光氏(62)は市民に納得してもらうため、第三者委員会の設置を主張。市長や議員の「多選」も含め、論戦のテーマとなっている。

議員報酬は地方自治法203条に基づき各自治体が条例で定める。名古屋市はもともと約163…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]