/

この記事は会員限定です

地元・瀬戸、熱気ますます 藤井四段がデビュー25連勝 広報大使を打診、講談も登場

[有料会員限定]

昨年12月のデビュー戦から25連勝と、公式戦の連勝記録で歴代単独2位となった将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)。日本中の耳目を集める"スーパー中学生"の活躍に、地元・愛知県瀬戸市が沸いている。市は早くも広報大使への就任を打診。その歩みを描いた講談も作られた。この熱気、当分冷めそうにない。

「藤井聡太四段 公式戦デビュー連勝記録更新」。生まれ育った瀬戸市の観光施設「瀬戸蔵」に大きな横断幕が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン