/

この記事は会員限定です

松阪クラスター、航空機部品の共同工場が完成

[有料会員限定]

航空機部品メーカーが三菱重工業の松阪工場(三重県松阪市)の一角を使って部品を生産する共同工場が完成し、9日、竣工式が開かれた。共同工場を運営するのは「航空機部品生産協同組合」(松阪クラスター)で、部品の加工から表面処理や塗装までを1カ所で一貫生産する国内初の試みだ。輸送費を削減し、効率生産につなげる。10月にも量産をスタートする。

まずはボーイングの旅客機向けの部品を共同生産し、将来は三菱重工業の子会社、三...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン