/

この記事は会員限定です

「なごやめし」次のうみゃ~ 高校生が考案、料理大会も

[有料会員限定]

アサリやジャガイモのメニューを開発しましょう――。新素材を使って、なごやめしの次の"定番"を生み出そうとする取り組みが、愛知県で広がっている。若者の人気を高めようと、高校生がメニュー開発を進めたり、自治体が地元の名産を取り入れたレシピの住民コンテストを実施したり。官民がアイデアを出し合って、観光客の増加につなげる狙いだ。

「ジャガイモと八丁味噌を組み合わせてみよう」。1月中旬の昼下がりの授業。クラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン