/

この記事は会員限定です

「刃物の街」復権へネットで資金調達 関市の若手経営者ら

[有料会員限定]

「刃物の街」として700年を超える歴史を持つ岐阜県関市。日本刀からはさみやカミソリまで幅広く生産してきたこの街で、新商品開発や消費者開拓にクラウドファンディング(CF)を活用する動きが広がっている。主導するのは地元企業の2代目ら若手経営者。BtoC(消費者向け事業)に手を広げ、地盤沈下からの脱却を目指す。

刃物の街で腕時計で勝負する人物がいる。関市のはさみメーカーから昨年独立した工業デザイナー、大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン