2017年11月20日(月)

焼き肉店でO157食中毒 10人から検出 愛知・岡崎

2017/9/5 20:58
保存
共有
印刷
その他

 愛知県岡崎市は5日、同市伊賀町の焼肉店「焼肉 三八」で食事をした2~67歳の男女7人が下痢などの症状を訴え、うち6人から腸管出血性大腸菌O157を検出したと発表した。症状はないが、3~62歳の他の男女4人からも菌が検出された。

 症状が重い患者はおらず、いずれも快方に向かっているという。市は食中毒と断定し、再発防止策を講じるまでの間、同店を営業禁止処分とした。

 市によると、患者はいずれも8月20日に同店を利用。伝票を調べたところ、同日は142組が飲食をしており、今後、患者数が増える可能性もある。岡崎市保健所が店内や従業員からO157が検出されないか調べる。〔共同〕

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

政府食中毒中毒焼き肉店O157岡崎市検出



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報