相次ぐ再開発 リニア見据え魅力向上 名古屋市長選・まちの針路(下)

2017/4/14 10:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内外の企業を誘致し、インターナショナルスクールを設置。白川公園に民間商業施設を設け、路面公共交通システムを導入する――。

名古屋商工会議所は3月、名古屋市の二大商業地、名古屋駅地区と栄地区に挟まれた伏見地区の「まちづくりビジョン」をまとめた。山本亜土会頭は「名駅と栄という発想ではなく面で捉え、外から来た方に喜んでもらえるよう総合的に開発するのがいい」と話す。

2027年のリニア中央新幹線開業に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]