愛知の大学、グローバル人材を共同生活で育成

2017/4/5 7:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県の大学が日本人の学生と外国人留学生が共同で生活する拠点を相次いで設けている。名古屋工業大学(名古屋市)はシェアハウス型の寮を新設。豊田工業大学(同)は留学を控えた学生が外国人研究者と生活して英語などを学べる拠点を設けた。優秀な学生の獲得競争が激しくなるなか、留学生を囲い込むとともに共同生活を通じてグローバル人材を育てる。

名古屋工業大は2018年にシェアハウス型の学生寮「国際学生寮(仮称)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]