/

この記事は会員限定です

ヒアリ発見の名古屋港、厳戒態勢続く 殺虫餌や張り紙 調査範囲も拡大

[有料会員限定]

名古屋港の鍋田ふ頭コンテナターミナル(愛知県弥富市)では6月末、見つかったアリ7匹がヒアリと確認された。今月1日以降、緊急点検を繰り返し、同ターミナルには殺虫餌「ベイト剤」や捕獲用のわなを設置。他の埠頭にも調査対象を広げるなど厳戒態勢が続く。

「ヒアリに注意」。4日、鍋田ふ頭の公園「富浜緑地」には、ヒアリの特徴を記し、素手で触らないよう呼びかける紙が張られていた。

名古屋港管理組合による4日までの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り421文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン