/

この記事は会員限定です

新設スタジアム、白川公園が有力候補地 グランパス検討

[有料会員限定]

サッカーJ1の名古屋グランパスが、新スタジアム構想の有力候補地として、白川公園(名古屋市中区)をあげていることが3日、関係者の話で分かった。グランパスが筆頭株主のトヨタ自動車など中部の企業や市民から寄付を募り、最大収容人数を3万人規模とする計画だ。栄や名古屋駅エリアに近い「都心型スタジアム」が実現すれば、集客力アップにもつながりそうだ。

グランパスは今年1月、名古屋市内で新スタジアムの建設を目指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン