/

この記事は会員限定です

旭鉄工、生産ライン監視システム外販 月内に新会社

[有料会員限定]

トヨタ自動車を主な取引先とする部品メーカーの旭鉄工(愛知県碧南市、木村哲也社長)が生産ライン監視システムを外部に販売する。月内にも新会社を設立し、自社開発したシステムを月額1万円未満の低料金で提供する。旭鉄工はこのシステムを使って業務改善を進め、設備投資を当初見込みよりも約15%圧縮した。蓄えた知見を活用し、収益源を拡大する。

新会社のアイ・スマート・テクノロジーズ(愛知県碧南市)を設立する。資本金は500万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン