ネット公売の活況続く 名古屋国税、よろい・不動産も出品

2015/11/4 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

税金滞納者から差し押さえた財産のインターネット公売の活況が続いている。場所や時間を問わずに入札できる手軽さが「掘り出し物」を求める人たちに受け、名古屋国税局が出品した財産には見積額の数倍の高値が付くケースも。管内の滞納額は670億円を超えており、ネット公売は滞納税金徴収の重要な手段だ。公売参加の申し込みが10月末から始まっており、名古屋国税局は積極的に出品する。

2万5千円のよろいが100万円、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]