稚内―サハリン航路、15年度いっぱいで撤退へ ハートランド

2014/9/9付
保存
共有
印刷
その他

稚内港とロシア・サハリン州コルサコフ港を結ぶ定期フェリーを運航するハートランドフェリー(札幌市)は2015年度いっぱいで同航路から撤退する方針を示した。運航開始以降、利用が伸びず不採算航路となっている。稚内市や道は輸送インフラとして継続を求めるが、赤字解消は難しいとみて主力の道内離島航路に特化する考えだ。

同市や道からの要請などを受け、1999年に運航を始めた。採算が取りにくいとして、同市は年3500万~5000万円規模の助成を続けてきた。ハートランドフェリーは15年度分までは助成を受ける覚書を同市と交わしており、来年度で同航路の運航を終える考えだ。同市の建設産業部は「物流インフラとして重要な航路。運航継続に向け協議したい」と話す。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]