2019年6月20日(木)

埼玉県北の空き家、共同で紹介、サイト立ち上げ

2017/2/1 7:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県熊谷市や本庄市など県北部の7市町は共同で、「埼玉県北部地域空き家バンク制度」を始める。インターネット上に空き家の物件情報を紹介するサイトを3月に立ち上げる。若者の定住・移住促進策などで連携する埼玉県北部地域地方創生推進協議会の取り組みの一環で、地域で増えている空き家を有効活用し、地域活性化につなげる。

空き家を売却・賃貸したい所有者からの物件情報の募集を2月に開始し、各市町が情報を登録。共同運営する「埼玉県北部地域空き家バンクサイト」で公開する。

埼玉県宅地建物取引業協会埼玉北支部・本庄支部、全日本不動産協会埼玉県本部大宮支部・川越支部と7市町が協定を締結。両協会の会員業者が物件の現地調査や、所有者と利用者の仲介などを担う。

事務局の本庄市は「単独の市町ではなく、地域で利用者の選択肢を増やすことで、空き家の活用を進めたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報