2019年1月23日(水)

花春酒造が事業譲渡 幸楽苑社長ら出資の新会社に

2016/9/30 7:00
保存
共有
印刷
その他

経営難となっていた老舗酒蔵の花春酒造(福島県会津若松市、宮森泰介社長)は29日、酒類製造事業を会社分割によって新会社に譲渡したと発表した。新会社は幸楽苑ホールディングスの新井田傳社長らが個人として出資し、同日付で花春酒造の商号で事業を開始した。負債総額が約5億円の旧会社は宮森社長が引き継ぎ、資産を処分した上で清算する。

新会社は資本金3千万円。会津若松市出身で6割を出資した新井田氏が社長に就き、ほかに地元ゆかりの個人4人が株主になった。工場の土地・建物や21人の従業員を承継し、事業を継続する。

新井田氏は同日の記者会見で「300年続く酒蔵を閉鎖するのはもったいない。会津への恩返し(と考えた)」と話し、首都圏に開拓余地が大きいとみて営業をテコ入れする考えを強調した。

宮森氏は「営業などで力が及ばなかった」と説明。法的整理を選択しなかったことを巡っては「ブランドの継続と雇用の維持が最も重要と考えた」と話した。同氏は新会社の経営に関与せず、株主にもならないという。

花春酒造は1718年創業。純米酒など付加価値の高い「特定名称酒」ではなく「普通酒」が主力だったが、消費者の日本酒離れに加え、原発事故に伴う風評もあり経営が悪化。1970年代後半のピーク時に約37億円だった年間売上高は約2億5千万円に減少し、債務超過に陥っていた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報