神奈川銀、ファンド活用し事業再生 あおぞら銀グループと覚書

2016/12/29 7:00
保存
共有
印刷
その他

神奈川銀行は取引先企業の事業再生や承継に、あおぞら銀行グループのファンドを活用する。取引先に対する債権をファンドに譲渡し、あおぞら銀グループのネットワークやノウハウを活用して、事業再生や承継を支援してもらう。このほどあおぞら銀系の2社と覚書を交わした。

活用するのはあおぞら再生支援(東京・千代田)が運営する「中小事業者パートナーファンド」。神奈川銀行の取引先で、融資の返済が困難だったり、事業が行き詰まっていたりする企業の債権をファンドに売却する。あおぞら再生支援から業務委託を受けたあおぞら債権回収(同)が実際の事業再生や承継を支援する。場合によっては廃業を手伝う。

神奈川銀行は「事業再生の専門家のノウハウを活用することで、取引先の事業再生をより効果的に進める狙いがある」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]