2019年3月23日(土)

日東ベスト、ベトナムで製販開始 双日とおにぎりなど

2017/3/1 7:00
保存
共有
印刷
その他

日東ベストは28日、ベトナムでおにぎり、サンドイッチなどや総菜の製造販売を3月から始めると発表した。双日グループと現地法人「ジャパン・ベスト・フーズ」を共同で設立しており、まずイオン系のコンビニエンスストアやスーパーに供給する。国内市場が伸び悩む中、海外市場の開拓に乗り出す。

「ジャパン・ベスト・フーズ」は、日東ベスト51%、双日食料(東京・港)30%、双日が19%を出資して2016年4月に設立。ベトナムでは経済成長に伴い消費者の購買力が向上、近代的な小売り業態が発展し始める一方、食品供給側の技術革新が遅れており、最新鋭システムを備えた工場で現地市場を開拓する。

工場は双日グループが運営するロンドウック工業団地に立地。ベトナム最大のコンテナターミナル、カトライ港や25年開業予定のロンタン新国際空港から車で1時間弱の距離にある。敷地面積9962平方メートル、2階建てで延べ床面積6332平方メートル。1日当たり最大、総菜10万食、畜肉加工品3トンの生産能力がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報