/

この記事は会員限定です

食事介助ロボなど介護保険適用を申請 神奈川の特区協議会

[有料会員限定]

神奈川県や県内12市町、企業や大学などでつくる「さがみロボット産業特区協議会」は、食事の介助など生活支援ロボットの介護保険適用を申請した。普及のカギとなっている利用者の経済的な負担を軽くする狙いだ。県は特区を使いロボット開発を支援してきたが、市場開拓も後押しし関連企業の集積につなげる。

申請したのは会話をしたりいっしょに運動したりする富士ソフトのコミュニケーションロボットや、手が不自由な人の食事を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン