コーエーテクモゲームス、MMに本社移転 15階建てビル建設

2016/10/28 7:00
保存
共有
印刷
その他

ゲームソフト開発のコーエーテクモゲームス(横浜市)は27日、みなとみらい(MM)21地区に本社を移転すると発表した。2017年12月をめどにオフィスとホテルが入る15階建ての本社ビルを新しく建設し、2019年度後半に移転する。現在複数のビルに分散している約1200人の社員を集約し、事業の発信力強化につなげる。

ビルは8階までを1600人収容の自社オフィスとして使う。港北区にある現本社ビルの収容人数は900人規模で「事業拡大などから手狭」(同社)になり、周辺のビルにオフィスを間借りしていた。親会社のコーエーテクモホールディングスの移転も検討する。

新本社ビルの9階から15階までは230室のビジネスホテルとして運営する。19年のラグビーW杯や20年の東京五輪などで予想される宿泊需要の増加に対応する。

新本社ビル隣には2000人収容の音楽ホールも建設する。ライブハウス型とし、都内を中心とした大規模音楽ホールの需要の高まりに対応する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]