世田谷区庁舎建て替え、基本設計事業者を決定へ

2017/9/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都世田谷区が、老朽化した区役所本庁舎などの建て替えに向け、佐藤総合計画(東京・墨田)と基本設計契約を結ぶ見通しとなった。公募に応じた6事業者による公開プレゼンテーションを実施。区は27日、有識者7人で構成する審査委員会が、低層の建物で中庭を取り囲む同社の案を最も高く評価したと発表した。区として「審査結果を尊重する」という。

現在の第1~2庁舎や隣接する区民会館は著名建築家の故前川国男氏が設計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]