/

この記事は会員限定です

築地再整備に財源の壁 都の戦略本部「19年度にも資金不足」

[有料会員限定]

築地移転問題の議論を集約する東京都の「市場のあり方戦略本部」は27日、築地市場を再整備する場合、市場を運営する会計が2019年度にも資金不足になる恐れがあるとの見解をまとめた。築地にとどまる場合、地方債の買い戻しや補助金返納で3250億円超の資金が必要と算定。返済原資として豊洲の土地売却代金を見込むが、売却は難しいとみている。

同日午後に開く戦略本部で小池百合子知事に報告する。戦略本部は移転の可否...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン