/

この記事は会員限定です

牛の行動監視システム開発 コンピューター総研と鯉渕学園

[有料会員限定]

ソフトウエア開発のコンピューター総合研究所(茨城県ひたちなか市)は、鯉渕学園農業栄養専門学校(水戸市)と共同で家畜牛の行動監視システムを開発した。マイクロソフトの赤外線深度センサー「キネクト」を利用し飲食の頻度や移動量などを把握、繁殖や体調管理につなげる。10月に試験導入、来年7月から本格販売し年間2億円の売り上げを見込む。

開発したのは牛の行動監視支援システム「もーかる」。キネクトを牛舎の天井付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン