/

仙台市、2016年のサミット誘致名乗り

仙台市は26日午前、2016年に日本で開催される主要国首脳会議(サミット)について、外務省に誘致を申請した。東日本大震災からの復興を国内外に発信し、東北への誘客や投資の促進につなげる。来年6月のドイツ開催のサミットで、開催地や開催時期が発表される。

仙台市の定例会見で奥山恵美子市長が発表した。奥山市長は「サミットの開催は東北に対する様々な風評を払拭し復興を加速させる大きな意味がある」と話した。会議場は同市最大のコンベンション施設「仙台国際センター」を使用する方針。

国内でのサミット開催は東京以外で、00年に九州・沖縄、08年に北海道洞爺湖で開かれた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン