/

介護・仕事の両立、都が相談窓口

東京都は25日、介護と仕事の両立に関する相談を無料で受け付ける窓口を10月に開設すると発表した。高齢化の進展が加速する中で、親の介護を理由に仕事を辞める「介護離職」が都内でも深刻な問題になっている。電話やメールで悩みを気軽に相談できる体制を整え、介護離職の防止につなげる。

新たな窓口「とうきょう介護と仕事の両立応援デスク」は10月2日に開設。主に都内の中小企業で働く人や人事労務担当者の利用を想定する。介護に詳しいケアマネジャーや社会保険労務士らが相談に応じ、支援制度などの情報も提供する予定だ。

平日は午前11時~午後8時、土曜日は午前9時~午後5時に開く。日曜・休日や年末年始は休業。事業はコールセンター業務受託の日本トータルテレマーケティング(東京・渋谷)に委託した。

都によると、働く人と企業の双方で「何から始めればいいか分からない」との声が多く寄せられているという。中小企業でも人手不足が問題になっている中で、介護と仕事の両立支援策を拡充し、貴重な人材の流出防止につなげてもらう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン