一戸~九戸を巡るライダー向けガイド地図

2017/5/30 7:00
保存
共有
印刷
その他

岩手、青森両県で「戸(へ)」の付く8市町村をバイクで巡ってもらおうと、二戸市観光協会(岩手県二戸市)がガイドマップを作製した。地元ライダーに協力してもらい、観光案内だけでなく、走行する際の道路情報を盛り込んだのが特徴。発行から1カ月余り、首都圏のライダーからも注目を集めている。

「戸の旅 ポケットマップ」は岩手県の一戸町、二戸市、九戸村、青森県の三戸町、五戸町、六戸町、七戸町、八戸市が対象エリア。同協会は2016年4月から8市町村の観光振興プロジェクトを始動。ツーリングで首都圏などから北海道に向かう際の経由地になっていることに注目し、ライダー向けのマップづくりに取り組んだ。

A5サイズで40ページ。旅の途中で寄りたくなるような観光地や温泉、飲食店の紹介のほか、「おすすめコース」「対向車注意」「道幅狭いが通り抜け可」などの情報を掲載している。

当初、両県の道の駅やバイク店、北海道のフェリーターミナルなどで配布したが、問い合わせがあり、横浜、川崎両市のバイク店でも置くようになった。

同協会の堀内晋介事務局長は「マップを参考に『戸のまち』を楽しんでほしい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]